読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAJUMARU

家電とか写真の話しをしながら呑んだくれます

空高く 上る青

写真

始発電車に飛び込んで 5年ぶりに彼の地へ来た

新幹線が開業したおかげで移動時間は縮まったけれど距離が縮まったわけではなく

相変わらず少し後ろ向いた空気を感じる

 

悲しい思いをする暇もないくらい という誰もが言うセリフの通り

あれよあれよと背中を押されていく姿を ただぼんやり眺めていた

 

火葬場は車で15分ほど 山道を登った先にあった

耳鳴りのしそうな部屋の壁には いくつかひび割れをみつけた

 

姪っ子の小さな手を握って外へ出てみると

昨日雪が降っていたなんて信じられないような青い空が広がっていた

冬の間厚い雲が覆うこの街では珍しいことだと顔の知らない親戚が言っていた

 

少し歩くと 目の前には白く覆われたこの町が遠くまで見渡せる

ああ だから 高い場所にあるんだなと 自分に教えるように呟いていた

 

もう一度空を見上げると どこまでも高く深く続いていた

今日は誕生日なのだという

 

f:id:GANTHEBROW:20170204071710j:plain